Welcome to Behavioral Systems Biology Lab !

行動神経老化生物物理学
– Understanding the physics of behavior and neural aging –

わたしたちヒトを含む全ての生き物は, 周囲の環境からの情報を処理しながら, これを記憶し, 行動を巧みに変えることで厳しい環境変化に対応します. さらに生き物は集団レベルになると, 1個体レベルでは見られない知的な行動を現します.  わたしたちは, わずか体長1 mmのシンプルな生き物である線虫C. エレガンスをモデル動物として, 生き物が示す1個体レベルと集団レベルの行動の裏に潜む法則性を理解することにより, 究極的には知性の起源を理解することを目指しています. さらに行動を規定する神経回路の老化機構の研究も行っています. そして, これらの解析を行うため,  スキャンレスにたった1回のカメラ露光で3D空間を撮影するライトフィールド技術という独自の顕微鏡技術を開発しています. この最新鋭の光イメージング技術開発に代表される光工学や数理モデリング等の物理学を融合し, 行動の研究を行なっています.

研究室見学、いつでも受付中です

学生, テクニカルスタッフ募集中です. 学振DCやPDの応募も大歓迎なので興味がある方はsugit@hiroshima-u.ac.jpまでお気軽にお問い合わせください.  行動遺伝学はもちろん, 光工学や物理学など様々な技能習得が可能です. 現在, AMED PRIME, 新学術「ソフトロボット学」, JST A-STEPと未来社会創造事業, キヤノン財団の支援を受けており, 2023年4月からはJST創発研究がスタートします. そのため, 少なくとも2030年3月まで安定的に充実した研究環境を提供可能です. 学生はアルバイトからでも可です. 特に以下のような方は大歓迎です.
・ 個体と集団レベルの行動の研究や神経ネットワークの老化機構の研究に興味のある方
・光イメージング技術の開発を通してMATLAB, Python, LabVIEWなどのコーディングスキルを習得したい方や顕微鏡開発などの光学系開発に興味のある方
・数理モデルをもとにした数値シミュレーションに興味のある方
・テクニカルライティングの力を養いたい方

What's new

2022.9JSTの未来社会創造事業に研究提案が採択されました(研究期間:2022.10〜2025.3、研究費:3,500万円)。
研究課題名:生体内三次元動態のオペランド解析技術の開発
3年後のステージゲート突破、本格研究への移行を目指します。プレスリリースはこちら
2022.9今村さん(M1)、前岡さん(M2)が第60回日本生物物理学会年会(函館アリーナ)で発表予定、成相さん(M1)、池内さん(B4)が参加予定です。今村さんは学生優秀発表賞の候補にも採択されています。
2022.12前岡さん(M2)が第45回日本分子生物学会年会(幕張メッセ)で発表予定です。ワークショップでの口頭発表枠に採択されています。
2022.12生命創成探究センターExCELLSシンポジウムで招待講演。
2022.12定量生物学の会 第10回年会で招待講演。
2022.11生理研研究会「極限環境適応」で招待講演。
2022.11核融合科学研究所主催の国際土岐コンファレンスで招待講演。
2022.9JSTのA-STEP(育成型)に、量子イメージング技術 (前岡さん)、高分解能ライトフィールド技術 (今村さん、成相さん)、4Dテンプレートマッチング技術 (広瀬さん)を中心とする研究提案が採択されました (研究期間:2022.10〜2025.3、研究費:3,750万円)。プレスリリースはこちら
2022.9今村さん(M1), 前岡さん(M2)が第31回日本バイオイメージング学会で発表しました。今村さんはシンポジウムの口頭発表枠にも採択され、発表しました。
2022.88月31日夜9時よりオンラインフォーラムScienc-omeで講演しました。
2022.6JSTのSTART(ビジネスモデル検証支援)に採択されました。
「超高速高解像4Dイメージング顕微鏡技術の事業化検証」
3D空間をシングルショットで高分解能撮影可能なライトフィールド顕微鏡の事業化の可能性を検証します。
2022.6分担執筆したBiotremologyに関する教科書がSpringerより出版されました。
2022.5前岡さん(M2)が日本生物物理学会中国四国支部大会で発表しました。
2022.5第55回発生生物学会年会のワークショップで発表しました。
2022.4Lab Twitterはじめました(下に表示)
2022.3第13回キヤノン財団研究助成プログラムに採択されました。
「超高速高分解能3D計測・操作を実現する新顕微鏡の開発」(2,000万円 / 3年)
2022.3前岡さん(M1)が第69回応用物理学会春季学術講演会で口頭発表しました。
2021.12前岡さん(M1)が量子生命科学先端フォーラム2021で優秀発表賞を受賞しました。
2021.12杉が広島大学大学院統合生命科学研究科奨励賞を受賞しました。
2021.12前岡さん(M1)が令和3年度広島大学成績優秀学生(エクセレントスチューデントスカラーシップ)を受賞しました。

Previous news

2021.11JST 創発的研究支援事業に採択されました(猶予制度利用により2023年4月より研究開始. 5,000万円 / 7年)
研究課題名:革新的リアルタイム三次元計測・操作技術の開発と応用
概要:三次元空間の細胞や分子はミリ秒オーダーの活動や動態を示します。しかし既存の三次元スキャン計測による細胞の位置・活性の検出は秒オーダーの時間を要し、神経活動等ミリ秒の現象と時間スケールの乖離があります。本研究ではスキャンレスにシングルショット3D検出するライトフィールド技術を基盤に、生命現象が生じる過程をリアルタイムにナノ分解能計測・操作する革新的技術を開発し、神経ネットワーク老化機構を解明します。
2021.11生理研研究会「極限環境適応戦略」で発表しました
2021.10池内さん(理学部生物科学科3年生)が研究室に配属されました
2021.9前岡さん(M1)が第82回応用物理学会秋季学術講演会で口頭発表しました
2021.8研究室の研究が大学ホームページで紹介されました
2021.6共著論文がACS Nanoにアクセプトされました!
2021.5前岡さん(M1)が日本生物物理学会中国支部大会で口頭発表しました
2021.4Ramanさんが大学フェローシップ(情報・AI分野)に採用されました(査証発給後, 入国予定)
2021.4執行さん(AMED研究員)と前岡さん(M1)の論文がJ Vis Expにアクセプトされました!
2021.4執行さん(AMED研究員)と杉の研究が科研費の若手研究(課題名:ライトフィールド顕微鏡の高解像度化技術の検証と最適化)と基盤B(課題名:個体集団における状態転移機構の解明)に採択されました
2021.4前岡さん, Ramanさん, 胡さん がラボに加わりました
2021.3Surabhi Ramanさんが卓越大学院に合格しました.
2021.3執行さん(AMED研究員)がTaiwan-Japan Joint Workshopと日本応用物理学会で講演しました
2021.2研究概要を更新しました
2020.11-12「細胞を創る研究会」13.0 と 量子生命科学会 第2回大会で発表しました.
2020.11科研費新学術領域領域合同シンポジウム-ソフトロボット学と発動分子科学の境界-(一般公開)で発表しました.
2020.10日本放射線影響学会第63回大会で発表しました.
2020.4共著論文がJ Am Chem Socに掲載されました!広島大学での研究室発足後の最初の論文です. 表紙にも採用されました
2020.4広島大学にて研究室を開設しました

広島大学着任以前のトピックはこちらです